becoming legendary: Indian Motorcycle Saitama becoming legendary | Indian® Motorcycles - JP -
Becoming Legendary

伝説になる:アメリカ初のモーターサイクルカンパニー

1897年-1952年

1897年、業界のパイオニアであるジョージ・M・ヘンディーは、ヘンディーマニュファクチャリングカンパニーという自転車製造会社を設立しました。 ヘンディーは、 共同創設者兼チーフエンジニアのオスカー・ヘドストロームとともに、1901年にスプ リングフィールドのダウンタウンに同社の最初の工場を開設しました。

その後の半世紀にわたるオートバイの生産と革新による成長、そして真のアメリカの ライディングカルチャーにおける代表的なリーダーシップを続けました。 1923年、 同社は社名をThe Hendee Manufacturing CompanyからThe Indian Motocycle Companyに変更しました。Indianという名前で使用された当初は、「motocycle」に は「r」はありませんでした。 20年も経たないうちに、サウスダコタ州スタージスを 拠点とするジャックパイン・ジプシーズのライダーグループは、ブラックヒルズ・ク ラシックと呼ばれるレースを開催しました。このレースは、世界最大のモーターサイクルラリーに発展しました。

大恐慌と2回の世界大戦の到来にもかかわらず、革新とレーストラックでの他を寄せ 付けない成功が続いたため、同社は創業当初からの業績を回復していきました。実 際、ブランドはこれらの激動の時代を生き延びただけでなく、第一次世界大戦と第二 次世界大戦中の戦争遂行への多大な貢献が、地上のアメリカ軍とフランス軍の両方に 不可欠な乗り物として提供しました。

George Hendee

ジョージ・ヘンディー

1897年にヘンディーマニュファクチャリングカンパニーを設立する前は、ジョージ・ M・ヘンディーはマサチューセッツ州ウォータータウンの熟練した自転車レーサー兼 メーカーでした。1901年、ヘンディーはオスカー・ヘルドストロームを雇い、自転車 レースのペースバイクとして内燃機関付き自転車を製造し、会社の最初の工場を開設 しました。その年の後半、マサチューセッツ州スプリングフィールドのダウンタウン で、このペアが製造したマシンはパワフルで信頼性が高く、卓越したパフォーマンスで同社の高い評判を確立しました。

1915年の後半、ヘンディーはゼネラルマネージャーを辞任しましたが、1916年にヘ ンディー・マニュファクチャリング・カンパニーを完全に引退するまで社長を務める ことを決定しました。引退後、コネチカット州サフィールドの農場でガーンジー牛とホワイトレッグホーンチキンを飼育する日々を送りました。

Carl Oscar Hedstrom

カール・オスカー・ヘドストローム

カール・オスカー・ヘドストロームはヘンディー・マニュファクチャリング・カンパ ニーを共同設立し、1913年に辞任するまでチーフエンジニアを務めました。スウェー デンのロンネベルガの小さな教区出身で、ヘドストロムがモーターサイクルペーシン グ自転車を最初に設計したのは、 アメリカ初のオートバイ会社においてでした。

オートバイメーカーとしての革新的なキャリアに加えて、ヘドストロムはエンデュー ロライダーとしてもかなりの成功を収めました。特に、1903年に開催のニューヨーク 市からマサチューセッツ州スプリングフィールドまでのレースに勝利したとき、時速 56マイルという記録的な速度を達成しました。

E・ポール・デュポン

1930年、著名な産業家E・ポール・デュポンはデュポンオートモービルの株をイン ディアンモーターサイクルに売却し、インディアンモーターサイクルの株式の大部分 を購入しました。 E・ポールは、会社のいままでのマネージメントチームを強制的に 解散させ、ローリング・F“ Joe”・ホズレイに日常業務を任せました。このことはイン ディアンモーターサイクルの驚異的な成長の時期をリードしました。

Erwin “Cannon Ball” Baker

アーウィン・”キャノンボール”・ベイカー

アーウィン・”キャノンボール”・ベイカーは、長距離レースのパイオニアであり、イ ンディアンモーターサイクルの初期のアンバサダーとして活躍しました。 インディア ンモーターサイクルの素晴らしい耐久性の証明として、ベイカーはサンディエゴから 東海岸まで、1914年に11日間と12時間10分で走りきり、新記録を達成しました。1年 も経たない1915年、ベイカーは最速タイムを更新。 カナダからカリフォルニアを経 由してメキシコへのスリーファッグランで、彼は3日半で到達しました。

RECORDS AND ACCOLADES

記録と称賛

ヘンディー・マニュファクチャリング・カンパニーの初期のレース年は、エンデュラ ンスライドで最も重要な成功を収めました。 1903年の同社の最初の信頼性試験で は、共同創設者兼チーフエンジニアのオスカル・ヘドストロームが彼のオートバイに 乗って、時速56マイルという新しい世界速度記録を達成し、ニューヨーク市からマサ チューセッツ州スプリングフィールドまでの耐久レースで優勝しました。 共同創設者 の成功に基づいて、1906年にディーラーのジョージ・ホールデンとルイス・J・ ミューラーは、機械的なトラブルなしに、サンフランシスコからニューヨーク市まで 記録的な31日間でインディアンのオートバイで走りきっています。

アメリカのオートバイレースの制度が成長するにつれて、同社はレーシングトラック にレース活動をフォーカスするようになりました。1937年、有名なレーサーのエド・ クレッツが、インディアン・スポーツ・スカウトで初開催のデイトナ200レースに勝利しました。

レースの成功のこの初期の時代には、1940年代後半に、伝説的なレーサーのボビー・ ヒル、ビル・トゥマン、アーニー・ベックマンで構成され、数々の記録を打ち立てた レーシングチームであるインディアンモーターサイクル・レッキングクルーが設立さ れました。 1950年代初頭までに、ライダーたちはダートコースとロードコースの両 方を支配していました。 ボビ・ーヒルは1951年と1952年にスプリングフィールドマ イルを連続して獲得し、チームメイトのビル・トゥマンは1953年にIMの3ピートをコンプリートしました。

WAR-TIME PRODUCTION

戦時中の生産

米軍は1913年にインディアンモーターサイクルの使用を開始し、第一次世界大戦の到来とともに、1917年に米国が参戦後、 インディアンモーターサイクルはその生産の大部分を戦争遂行に協力しました。 軍隊からの戦時需要により、ディーラーの在庫は限られており、 小売売上高は大幅に減少しました。 全体として、同社は1917年から1919年までに約50,000台のオートバイを提供し、 そのほとんどはPowerplusモデルとなっていました。

20年後、米国はさらに別の大変動の世界的紛争、第二次世界大戦に巻き込まれました。 さらにまた、インディアンモーターサイクルは、1940年から1945年までの生産のほぼ全体を第二次世界大戦の連合国への供給に集中させたため、 あらゆる強化をしました。 インディアンモーターサイクルは、当初は主にフランス政府向けにバイクを製造し、1941年に米陸軍向けにモデル841バイクを製造しました。 第二次世界大戦中、インディアンモーターサイクルは、2400万ドル相当のモーターサイクルとスペアパーツと35,000台以上のバイクを戦地へと提供、連合軍へと送られました。

インディアンモーターサイクルの初期の成功を形成したバイクたち

Old sketch of the first-ever V-twin factory race bike

最初のVツインファクトリーレースバイク

1906年

1906年に、最初のVツインファクトリーレースバイクが製造されました。 レーシングエンジンのバージョンが1907年モデルの一般モデルに導入され、39-ci(633 cc)、 42度Vツインが最初のアメリカンVツインの生産モーターサイクルエンジンになりました。

Photo of the first Indian Scout built in 1920

インディアン・スカウト

1920年

1920年、同社は最初のインディアン・スカウトをリリースしました。 この速くて信 頼性が高く、操作しやすいバイクは、多くの人が乗り始めました。

First Chief Motorcycle

インディアン・チーフ

1922年

1920年にインディアン・スカウトが導入された後、同社はインディアン・チーフをリ リースしました。これは、インディアンモーターサイクルの初期の成長の強固な基盤を形作るために設計された新しいプラットフォームとなりました。

Indian Ace motorcycle

インディアン・エース

1927年

ヘンディーがエース・モーターコーポレーションを買収した後にリリースされたイン ディアン・エースは、開発の最初の数年間ですぐに同社の先駆的な生産モデルの定番となりました。

歴史的時代

インディアンモーターサイクル埼玉 - 330-0841 - さいたま市 - Japan